脱毛を早く完了させる方法

脱毛サロンでの脱毛は医療のレーザー脱毛と違い、回数が必要です。回数が増えれば増えるほど値段も多くなるので、自宅で自分で簡単にできるお肌の管理方法をお教えします。

 

まず脱毛において肌の乾燥は敵です。水分の多い田んぼに生えている草は根っこからきれいに抜けますが、学校のグラウンドのように乾いた土に生えている草は、抜こうとすると上の部分だけ千切れたりしますよね。

 

肌が潤っているほど効果がある

肌が潤っていればいるほど早くきれいに抜けることになります。垢として落ちていく角質層という表面の保湿ではなく、肌の奥までの保湿が重要。

 

脱毛用のボディクリームを使うのもいいですし、肌の奥つまり真皮までの保湿が可能なボディクリームを朝と夜の2回、毎日塗ってあげるといいでしょう。


カミソリはやめて電気シェーバーで自己処理を

次に家での自己処理に関してです。すぐに毛がなくなるわけではないので脱毛サロンに通っている間も、自己処理はすることになります。

 

カミソリでの自己処理が楽だからといってカミソリでしてしまうと、次の施術までにまた毛が太くなってしまいます。

 

そしてカミソリは力加減も難しくて肌も一緒に剥がれ落ちてしまうので、乾燥を引き起こします。顔用の電気シェーバーでの自己処理をオススメします。

 

一番肌にダメージを与えずに自己処理をすることができますし、カミソリに比べるとツルツル感はありませんが、我慢した分毛が早く抜けると思いましょう。

 

自宅で簡単にできる方法なので、継続して管理をしてあげると人より少ない回数で脱毛を完了できますよ。

 

脱毛サロンでは施術後にしっかりと保湿ケアをしてくれます。さらに、サロンでは自分でも日頃の保湿ケアをしっかりとするようにと呼びかけていらっしゃるそうです。


脱毛期間中はしっかり保湿ケアをする

脱毛サロンの中には、毎回施術前に脱毛部位の水分量をチェックしてあまりに水分量が少ないと施術を断ることもある場合も。

 

きちんと保湿されてなくて水分が少ないと、肌が痒くなったりするそうなので肌トラブルにならない為にも水分量には気を付けたいですね。

 


なぜそこまで保湿を重要視するかというと、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は黒い色素に反応する光を利用して毛根にダメージを与えて脱毛するのです。

 

この光を照射する時に高温の熱が発生するのでお肌の水分量が不足していると火傷などトラブルを引き起こす可能性があるためです。

 

サロンではスタッフの方が水分量や肌の状態に応じて光の出力を調整してくれたり、機械自体も安全を重視していますが自分でしっかり保湿ケアをして安全にお手入れをしてもらいましょう。

基本のお手入れ方法

基本のお手入れ方法はお風呂上りに全身にボディーローションやクリームを塗る事。

 

しかし、VIOは油分の多いクリームは控えたほうがいいでしょう。太い毛が密集しているVIOはクリームに含まれる油分が酸化すると炎症を起こす可能性があるからです。

 

白く粉を吹いた状態やカサカサに荒れている状態のお肌はバリア機能が低下しているので、お手入れを受けられないこともあると思います。

 

スムーズに脱毛を行っていくためにも日頃の保湿ケアを徹底しましょう。

 

さらに、きちんと水分を保持したお肌は光の浸透力も高くなって、潤ったやわらかいお肌は毛が抜けやすくなるのです。

絶対に予約する前に見ておきたいエピレの情報が満載!
  • 予約する前に知っておきたいこと
  • 私がエピレを推す理由
  • 脱毛はじめて「初心者が知っておくこと」
  • エピレの脱毛プラン
エピレの魅力・脱毛初心者必見の情報アリ!